広告 中学受験 問題集 算数

トップクラス問題集算数 1年生 レビュー 中学受験・入塾対策おすすめ|難しい?・口コミ・使い方

2023年8月13日

トップクラス問題集算数【徹底レビュー】中学受験・入塾対策おすすめ

こんにちは!kirinです。

kirin
ブログにきていただき、ありがとうございます!

 

中学受験を視野に入れている場合、低学年のうちに算数や国語の対策は始めておくことをおすすめします。

率直にお伝えすると、通常の小学校の授業だけでは、大手中学受験塾の入塾対策や、上位クラスをキープすることができるレベルへ到達することが難しいのが現状だと考えています。

とはいっても、本屋さんに行くと小学生向けの問題集がズラリと並んでいて、どれを選んだら良いか悩む方も多いのではないでしょうか。

 

今回kirinのブログでは、中学受験対策で特に有名おすすめ問題集「トップクラス問題集」算数小学1年生について、徹底レビューしていきたいと思います。

 

 

トップクラス問題集算数小学2年はこちら

 

トップクラス問題集算数小学3年はこちら

 

トップクラス問題集算数小学4年はこちら

 

ちなみに、入塾までに効率良く苦手克服・基礎力定着対策をしたいなら、家庭教師を利用するのも1つの方法です。

特に、家庭教師のノーバスがとてもおすすめなんです。

講師採用基準高く、大手中学受験塾テスト情報豊富なため、効率的に苦手を分析し、しっかり入塾対策をすることもできます。

\現状分析から効果的な学習法を教えてくれる無料体験がおすすめ/
家庭教師のノーバス詳細をみてみる

強引な勧誘もないので安心ですよ😉

 

kirinの中学受験ブログ|kirinのプロフィール&おすすめ記事

 

kirin
長男の中学受験や、次男の公文・知育グッズ、通信教育など、役に立つと感じた情報をまとめています。kirinと申します。

 

Instagramフォロワー10000人超えTwitterで朝学報告も更新しているので良かったらチェックしてください💕

 

以下の記事はおすすめよく読まれているので気になる方は参考にしてくださいね😊

 

国語が苦手だった長男が偏差値10以上あがったときにやっていた対策法👇
≫中学受験国語力アップおすすめ対策方法

 

中学受験を考えるならいつか、ではなく今チェックしておきたい家庭教師の情報
≫知っておきたい家庭教師の情報|重視するもの

 

中学受験に必須!おすすめプリンターはこちら👇
≫中学受験にA3プリンターは必要!失敗しないおすすめプリンター3選

 

算数の基礎楽しく定着させたい場合、おすすめなのがRISU算数です。

東大生の分かりやすい解説やアドバイスを受けることができますよ!

\先着50名限定クーポンコード「bap07a」でお得にお試し/
RISU算数についてもっと詳しくみてみる

ぜひこちらもチェックしてみてくださいね!

 

トップクラス問題集算数1年生レビュー・特徴|トップクラス問題集算数とは?構成と概要

 

まずはじめに、トップクラス問題集【算数】構成概要について詳しくお伝えします。

 

中学受験・入塾対策おすすめ トップクラス問題集算数徹底レビュー|トップクラス問題集算数とは?構成と概要

 

トップクラス問題集は、学力を中学入試の対策がしたい小学生向けの問題集で、1年生〜4年生向けのものが出版されています。

中学受験を目指すのに、とても有名な問題集のひとつであり、入塾対策にも使用できるシリーズとなっています。

 

参考として、文部科学省学習指導要領において、1年生で習得したい内容は以下のようになっています。

 

1 目標

(1) 具体物を用いた活動などを通して,数についての感覚を豊かにする。数の意味や表し方について理解できるようにするとともに,加法及び減法の意味について理解し,それらの計算の仕方を考え,用いることができるようにする。
(2) 具体物を用いた活動などを通して,量とその測定についての理解の基礎となる経験を重ね,量の大きさについての感覚を豊かにする。
(3) 具体物を用いた活動などを通して,図形についての理解の基礎となる経験を重ね,図形についての感覚を豊かにする。
(4) 具体物を用いた活動などを通して,数量やその関係を言葉,数,式,図などに表したり読み取ったりすることができるようにする。

〔用語・記号〕

一の位 十の位 プラス マイナス イコール

文部科学省学習指導要領より引用

 

トップクラス問題集では、

1年生向けの目次は、以下のようになっています。

 

中学受験・入塾対策おすすめ トップクラス問題集算数徹底レビュー|トップクラス問題集算数とは?構成と概要

 

小学校1年生で習う範囲内の重要項目について、基礎〜応用、ハイレベル、トップレベルまで訓練できるのが、このトップクラス問題集となります。

どのくらいハイレベルかなど、内容はおすすめポイントで詳しくみていきますね!

 

トップクラス問題集算数1年生レビュー・特徴|おすすめポイント

 

それでは、kirinが考えるトップクラス問題集算数おすすめポイントについてお伝えしていきますね😉

 

トップクラス問題集算数おすすめポイント・特徴①|標準クラス・ハイクラス・トップクラスのレベル分けが便利

 

トップクラス問題集算数おすすめポイント・特徴①は、標準クラス・ハイクラス・トップクラスのレベル分けが便利ということです。

 

トップクラス問題集算数では、それぞれの分野において、「標準クラス」、「ハイクラスA」、「ハイクラスB」「トップクラス」のレベル分けがあり、難易度が上がっていきます。

※1年生を例としてあげていますが、2年生以降も同じ構成となっています。

👇1年生「標準クラス」例

トップクラス問題集算数おすすめポイント①|標準クラス・ハイクラス・トップクラスのレベル分けが便利

 

👇1年生「ハイクラスA」例

トップクラス問題集算数おすすめポイント①|標準クラス・ハイクラス・トップクラスのレベル分けが便利

 

👇1年生「ハイクラスB」例

トップクラス問題集算数おすすめポイント①|標準クラス・ハイクラス・トップクラスのレベル分けが便利

 

👇1年生「トップクラス」例

トップクラス問題集算数おすすめポイント①|標準クラス・ハイクラス・トップクラスのレベル分けが便利

 

なので、

・はじめに標準クラスを全て解いてから、ハイクラストップクラス という順番に解いていく(子どものレベルに合わせて少しずつ解く)

・はじめに標準クラスハイクラスを解いてから、最後にトップクラスを解く

・それぞれの分野を標準クラスハイクラストップクラス と順番通りに解いていく

など、個々のペースに合わせて様々な使い方がてきるんです。

この仕組みはとても便利だし、効率的だと思います。

 

トップクラス問題集算数おすすめポイント・特徴②|中学受験を見据えた良問が揃っている

 

トップクラス問題集算数おすすめポイント・特徴②は、中学受験を見据えた良問が揃っているということです。

 

 

冒頭でもお伝えしましたが、個人的には、通常の小学校の授業だけでは、大手中学受験塾の入塾対策や、上位クラスをキープすることができるレベルへ到達することが難しいのが現状だと考えています。

なので、もし中学受験を少しでも視野に入れているのであれば、トップクラス問題集のような中学受験を目指す子ども向けの問題集は、何かしら解いておくことをおすすめします。

トップクラス問題集算数は、将来中学受験塾で習うような算数の基礎〜応用問題を学年ごとのレベルに合わせてしっかり身につけることができるので、スムーズに中学受験塾に入るための橋渡しをしてくれます。

 

トップクラス問題集算数おすすめポイント・特徴③|詳しい解説とアドバイスが掲載されている

 

トップクラス問題集算数おすすめポイント・特徴③は、詳しい解説とアドバイスが掲載されているということです。

 

トップクラス問題集算数おすすめポイント③|詳しい解説とアドバイスが掲載されている

 

トップクラス問題集算数は、解説がかなり詳しく掲載されています。

そのため、レベルの高い問題が多く掲載されていますが、理解できなかった子どもに対してどのように教えたら良い分からない、ということがほぼありません。

解説が分かりやすいだけではなく、ところどころ教えるための「アドバイス」も載っているのも嬉しいポイントです。

 

トップクラス問題集算数おすすめポイント・特徴④|復習テストで繰り返し学習することができる

 

トップクラス問題集算数おすすめポイント・特徴④は、復習テストで繰り返し学習することができるということです。

 

トップクラス問題集算数おすすめポイント④|復習テストで繰り返し学習することができる

 

おすすめポイント①でお伝えした、「標準クラス」、「ハイクラスA」、「ハイクラスB」「トップクラス」のあとに、章末には「復習テストA」「復習テストB」が掲載されているんです。

そのため、繰り返し同じ種類の問題、応用問題を解くことで、確実に定着レベルアップすることができます。

間違えた問題は、時間を空けて繰り返し解くとさらに効果的だと思います。

 

トップクラス問題集算数おすすめポイント・特徴⑤|総しあげテストで学力診断をすることができる

 

トップクラス問題集算数おすすめポイント・特徴⑤は、総しあげテストで学力診断をすることができるということです。

 

トップクラス問題集算数おすすめポイント⑤|総しあげテストで学力診断をすることができる

トップクラス問題集算数には、最後に「総仕上げテスト」がついています。

こちらのテストで、学力診断ができるんです。

【方法】

①出版社である文理のホームページにアクセスし、「お役立ちコンテンツ」→「情報サービス」へ

②学力診断コーナーで、アクセスコード(本に掲載)を入力

③「総仕上げテスト」の点数を入力

トップクラス問題集算数おすすめポイント⑤|総しあげテストで学力診断をすることができる

④「成績表表示」をクリックすると、成績表が表示される

こちらでは、学習到達度がわかるだけでなく、弱点なども一目でわかるため、とても便利だと思います。

 

トップクラス問題集算数おすすめポイント・特徴⑥|入塾後のテスト・模試対策にも使用することができる

 

トップクラス問題集算数おすすめポイント・特徴⑥は、入塾後のテスト・模試対策にも使用することができるということです。

我が家は、サピックス実力テスト前に、このトップクラス問題集算数の特に3〜4年生のものを、苦手分野強化で使用していました。

重要なポイントを掴んだ良問が多いため、こちらの問題集で解いた問題は、サピックスの実力テストでも正解することができていました。

このように、塾の実力テスト対策や、苦手分野が出てきた時の強化にも使用することができる問題集だと思います。

 

トップクラス問題集算数1年生レビュー・特徴|デメリット

 

次に、kirinが考えるトップクラス問題集算数1年生のデメリットをお伝えしていきます。

 

トップクラス問題集算数 デメリット|問題のレベルが高い

 

トップクラス問題集算数 デメリットは、問題のレベルが高いということです。

この問題集は、内容がかなりレベルの高いものとなっています。

そのため、算数があまり得意ではない苦手、という子どもには、はじめに解く問題集としてはおすすめできません

この問題集を無理やりやらせてしまうと、算数への苦手意識が強くなったり、最悪の場合算数、勉強が嫌いになってしまうことも。

勉強が嫌いになると、モチベーションも下がってしまうことになり、あと伸びできる可能性をかなり下げてしまうことになりかねません。

それでも何か問題集を解いておきたい、という場合は、別の問題集から始めることをおすすめします。

 

こちらで少しレベルが高いけど、中学受験の対策を考えたいな、と思われる方には、四谷大塚監修はなまるリトルシリーズがおすすめです。

もう少しベーシックな問題やイラストも多く、本も大きく作られているため、低学年には解きやすいと思います。

 

また、自分で問題集を進めることのハードルが高い、というお子さんは、

大手中学受験塾四谷大塚人気実力講師の映像授業で有名な東進がコラボしている東進オンライン中学受験対策の導入にとてもおすすめですよ😉

東進オンライン学校 小学部を詳しくみてみる

 

トップクラス問題集算数1年生レビュー・特徴|問題集のやり方

 

それでは、我が家の問題集のやり方(進め方)をお伝えしていきますね!

どうやって解いていったら分からない、という方の少しでも参考になると嬉しいです。

 

トップクラス問題集算数のやり方

 

①直接書き込まず、コピーをして1回目を解く(別のノートに答えだけ書くのでもOK)

→この時、わからない問題があっても絶対に責めないということが苦手にならないポイントです。

レベルの高い問題集なので、はじめは解けないのは当たり前、と思ってください。

焦らず根気よくいきましょう。

解けなかったら、考えようとした過程を、解けた問題があれば、解けた過程を褒めてあげましょう😉

 

②解けなかった問題に×ではなく、☆マークなどが良いでしょう)をつけ、1週間後あたりにもう一度解く。

→ここで解けなくても過程を褒める、「こないだやったでしょ!」など言いたくなるのを我慢、です😅

 

③さらに解けなかった問題は印をつけ、1週間後あたりに3回目をとく

→これを解けるようになるまで繰り返します。

我が家の経験なので個人的な意見ですが、別の問題集に手を出すより、同じ問題集を繰り返し丁寧に解くことをおすすめします。

 

④苦手な分野が見つかれば、その単元のみが掲載された単元別の問題集を購入して解く

 

我が家はこのようなサイクルで、解いていきました。

サピックスの入室テストでも上位クラスに入ることができ、高学年の今では算数はかなり伸びていると思います😉

 

トップクラス問題集算数1年生レビュー・特徴|口コミ・評判・感想

 

トップクラス問題集算数を使用している方の口コミ・評判・感想も集めてみましたのでご紹介させていただきます!

 

全国小学生統一テストを受けるにあたり、図形の問題が苦手だったので、図形の単元を集中して行いました。その結果、図形のパートが満点に。

 

1年生向けでよく作られた問題集です。数字の概念が身につくことを期待しています。単なる計算問題集と異なりオススメです。

 

復習も兼ねて、手応えのある問題集をと思い購入しました。
標準、ハイクラスA、B、トップクラス と分かれており、期待通り充実していました。ただ、塾とかに行っていないとハイクラスからは、子供だけでは難しい問題がチラホラあります。子どもに付き添って教えれるゆとりは必要だと思いました。

レベルは高いが良問が揃っている、という意見が多くみられました😊

 

苦手克服・実力アップには家庭教師はノーバスがおすすめ

 

入塾までの間も含め、苦手な科目の克服基礎固めに一番のおすすめの家庭教師センターは家庭教師のノーバスです。

講師の採用基準が高く、大手中学受験塾のテスト情報も豊富なため、効率的に成績を上げることができます。

 

 

それぞれの中学受験塾テキストテスト内容を熟知した家庭教師が、成績アップのための苦手フォローを徹底的にしてくれるので、自宅学習の効率化ができます😊

無料カウンセリングで現状の分析から改善策効果的な学習方法を提案してくれるので、体験授業を受けただけでも「原因が分かった」「やる気になった」という子どもも多いのだそう。

 

\無料で現状分析し学習方法を提案してもらえる/

家庭教師のノーバスの無料体験をしてみる

 

無理な勧誘もないので、家庭教師が少しでも気になっている方はぜひ試してみてください😉

 

 

算数の先取り学習にはRISU算数がおすすめ!

 

算数将来的に受験などでかなり重要となる科目ですが、もっと得意になりたいお子さんに、RISU算数がとてもおすすめです!

学年別ではなく、個々のペースでどんどん先取りすることができ、中学受験分野まで学ぶ頃が出来ます。

 

算数の先取り学習にはRISU算数がおすすめ!

 

子どもが学習したデータがRISUに送られ、東京大学のチューターが「どこにつまづいているか?」を分析し、子どもがつまづいているタイミングで、その単元に対してのアドバイスや苦手箇所の分かりやすいビデオ解説、励ましのメッセージ動画が送られてくるんです。

また、間違えた問題は忘却曲線に沿って繰り返し出てくるので定着しやすいです。

効率よく算数の基礎力を高めることができますよ😉

 

通常お試しできないのですが、今なら申し込み時にクーポンコード『bap07a』を入力すると、1週間のお試しキャンペーンを利用することができます!

RISU算数を詳しくみてみる

 

サピックス理科の先取りにはZ会のけいけん学習が効果的!

息子は現在中学受験を視野に入れてサピックスという中学受験塾へ通っているのですが、

サピックス理科の内容で、

これ、Z会でお母さんと一緒にやったよね!
息子くん

ということが、非常に多いことに気づいたんです。

つまり、幼児期からのZ会の「経験学習」の内容は、最強の理科の種まきになっていたんです!!

 

以下のサピックスのカリキュラムで、「赤文字」がZ会のけいけん学習で取り組んだテーマとなります。

サピックス理科の先取りにはZ会のけいけん学習が最強!

サピックスの授業で習う沢山のテーマが、Z会と重なっていることが分かりました😊

皆が知らないことも、けいけんしたことで知っているため、「嬉しい!楽しい!」という気もちが持て、理科が大好きに。

これらは本当にやって良かったと思っています。

Z会の通信教育おためし教材内容をみてみる

 

トップクラス問題集算数1年生レビュー・特徴|まとめ

 

今回kirinのブログでは、中学受験対策で特に有名おすすめ問題集「トップクラス問題集」の算数1年生についてレビューしてみました。

参考にしていただけると嬉しいです。

 

中学受験を考えている低学年の方に、コスパがかなり良いこちらもおすすめです👇

人気講師の授業が分かりやすい!東進オンライン学校 小学部

 

中学受験に必須!おすすめプリンターはこちら👇

中学受験にA3プリンターは必要!失敗しないおすすめプリンター3選

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます!!

-中学受験, 問題集, 算数
-,